株式会社 Gスタイル

クエスター ツァイス

  • クエスター長距離顕微鏡
  • クエスター天体望遠鏡
  • カールツァイス光学素子
  • 防犯設備
  • 防犯機器レンタル
  • お問い合わせ

 材料試験

 長距離顕微鏡(長作動顕微鏡)がもっとも頻繁に使われるのは動力学や静力学的検査を行っている間の物質の性質の反応をモニターしたり測定したりする分野です。長距離顕微鏡やそれを組み込んだシステムは、テスト中のデータをリアルタイムで取り出す目的に理想的な装置といえます。作業可能距離が長いので、サンプルの取り扱いが楽ですし、高温体観察や磨かれていない凹凸面の姿の詳細な観測に適します。さらに、測定制度が高く、倍率も変えられ性能を組み合わせて、テスト中の物質の変遷を正確に解読できるよう、映像データ間の相関を正確に関係付けることができます。

 スペースシャトルの振動保護

 スペースシャトルがはじめて宇宙から帰還した時、激しい加熱から船体を保護する為に使われていたタイルは、変更する必要があることが明白になりました。この問題を解決する為、NASAの研究者たちは材料破壊の動力学を解決する必要があり、シミュレーションした大気圏再突入時の条件下でのサンプル面を、長距離顕微鏡を使ってモニターし、問題を解決しました。

 塗料中の金属測定

 自動車会社はむら無く着色する為に、塗装過程中に金属塗料の中の粒子を並べる方法を開発したいと希望していました。適当な技術が開発されるまでの期間、長距離顕微鏡(長作動顕微鏡)に高速度ビデオカメラをつけて、環境の変化による塗装過程中の粒子の並びの変化の様子を観察しました。

 プラスチックの型込み

 要求されている寸法より大きな部品を型込みし、それを焼付け、使用通り小さくする技術をプラスチック業者が開発しました。この時我々が直面した問題は、どれだけの時間、また何度の温度でその部品を焼付けするかでした。部品が焼付けされている間の収縮の様子を長距離顕微鏡を使えば直接モニターできるので、旧来の測定顕微鏡で繰り返し炉から部品を取り出しては焼付けし、パラメータを記録していた過程を省略できました。

会社概要 | プライバシーポリシー
Copyright (C) G-STYLE Ltd. All Rights Reserved.