株式会社 Gスタイル

クエスター ツァイス

  • クエスター長距離顕微鏡
  • クエスター天体望遠鏡
  • カールツァイス光学素子
  • 防犯設備
  • 防犯機器レンタル
  • お問い合わせ

長距離顕微鏡とは?

QM 1

QM 100

FR 1

MKV

SZ-M

アクセサリ

Power pak

使用例

 クエスター社とは

1983年にクエスター社(米国)は、独自の長距離顕微鏡(長作動顕微鏡)の製造・開発を始めており、望遠鏡の光学系を革命的に一新したクエスター式と呼ばれるマクストフ光学系を、クエスター社が初めて開発してから50年以上が経過しました。小型軽量で、他の追随を許さない卓越した光学性能等が高く評価され、クエスター望遠鏡の確固たる名声が世界中に確立されました。

そして、この優れた性能を活かし、研究や生産の場で計測・検査・監視・芯合わせ等に使いたいとの強い要望が数多く寄せられた為、クエスター社ではこれらの要求を十分に満たす長距離望遠鏡を開発しました。これはたちまち高い評価を受け、1983年にはその年の最も価値ある新機軸製品の一つとしてIndustrial R/D誌から表彰されメダルを受賞しています。

また、長距離顕微鏡の利用者から更に寄せられた特殊な要望を解決するため、新しい開発を進めた結果、数種の型式の長距離顕微鏡が次々に発売されています。 高精度計測に大変有効な撮像装置としてこれらの長距離顕微鏡を組み込んだ総合システムも開発され、独立型の非接触光学遠隔装置として世界中で広く使われています。

これらのクエスター社の製品は、これまでに2つのIR100賞とフォトニック社からCircle of Excellence賞を受賞しています。

 クエスター長距離顕微鏡(長作動顕微鏡)

 クエスター長距離顕微鏡(長作動顕微鏡)は、「真空チャンバー中で行われる実験で微細な動的過程のリアルタイム観測・計測」、「有害な環境下にある試料の顕微鏡観察」、「オンラインでの精密検査」といった、長距離顕微鏡での計測・検査・監視・芯合わせに強力な画像化の手段を、という研究者や生産現場からの強い要望により開発されました。

 長距離顕微鏡光学系により、雑然としがちな作業エリアから観察系を外に出すことが出来ます。なおかつクエスター長距離顕微鏡により、高いレベルの要求に基づく高倍率・高解像度の画像を得ることが可能になります。

 最初の形式の長距離顕微鏡開発後、さらに寄せられた利用者からの特殊な要望を解決するために、タイプの異なる幾つかの光学系が開発され、クエスター長距離顕微鏡はシリーズ化されました。また、観察・測定を補助するアクセサリーや長距離顕微鏡を核とする計測システム等が合わせて開発されています。

 マクストフカセグレン

 クエスター長距離顕微鏡はマクストフカセグレンと呼ばれるレンズミラー複合光学系が採用されています。この形式で入射光は、メニスカス形状のコレクターレンズから主鏡へ、主鏡からコレクターレンズの裏側に蒸着された副鏡へと折り返され、主鏡中心の軸穴から主鏡後方に結像されます。この形式は、星像を正しく点像として結像しなければならない天体望遠鏡の分野で、クエスター社がはじめて製品化した光学形式です。

 マクストフカセグレン光学系により、クエスター長距離顕微鏡では1mを越える長い焦点距離が全長30cmに満たない鏡筒に折り畳まれ、収められています。同時に主鏡曲率中心付近に置かれたフロントレンズ系(コレクターレンズとその裏面に蒸着された副鏡)により収差が補正されます。

 外観はほぼ同じに見えるクエスター長距離顕微鏡も、コレクターレンズの形状に個別の特徴を見ることができます。クエスター社の長年にわたるマクストフカセグレン形式でのノウハウ蓄積により、各機種はそれぞれが受けもつ作動距離において最良の光学設計を得ています。これが、フロントレンズ系の形状の違いとなって外観に現れています。また、視野内のディストーションは1/15,000と計測用として優れたリニアリティーをもっています。

会社概要 | プライバシーポリシー
Copyright (C) G-STYLE Ltd. All Rights Reserved.